コンパクトながら何でもそろっている至れり尽くせりの道の駅

私のお勧めする道の駅は群馬県にある道の駅「よしおか温泉」です。その名の通り、道の駅に温泉があります。リバートピア吉岡と言う日帰り温泉施設が併設されています。

ここは以前は4時間300円で温泉に入浴することが出来ました。今でも4時間400円と比較的安価な値段で温泉に入ることが出来ます。温泉は最近、新しくなった施設で綺麗な内湯と露天風呂とサウナがあり、スーパー銭湯並みに立派な施設です。

私はかなり高い所からお湯が出て来る滝のような打たせ湯がお勧めです。リバートピア吉岡の打たせ湯ほど広大な打たせ湯を私は見たことがありません。露天風呂も景色が良く晴れた日には上毛三山を見ることが出来、気持ちが良いです。

また足湯が2か所あり10時から18時までの間なら無料で足湯に入ることが出来ます。運転に疲れた足を休憩し、足湯で疲れを取ることが出来ます。温泉に入るほど時間がない時や少し足だけ疲れを取りたい時などに便利なので私は足湯も活用しています。また美味しいおまんじゅうを売っている「船尾まんじゅう店」もありますし、近隣の農家の方が育てた新鮮な野菜やお惣菜、玉子なども販売しています。

自動販売機もたくさんあり、何と最近、Wi-Fiも設置されたので休憩しながら近隣の観光地や今晩泊まるホテルなどについて情報収集をすることも出来るようになりました。平日でもわりと賑わっている道の駅で土日や祝日などは駐車場も混雑しますのでお早目に行かれることをお勧め致します。
車買取 どこ

川辺にある道の駅

最近出来たばかりの、道の駅「常陸大宮~かわプラザ~」です。

関東屈指の清流である、久慈川沿いに立つ道の駅で、景観が最高です。地域の野菜や、米、果物などの直売所のほか、レストランやフードコート、ジェラートなどのスイーツまで揃っています。フードコートや、テラス席で食事を取ることができますが、席からの眺めが最高です。

久慈川が目の前に広がり、その景観の中で食べる食事は、最高においしいです。また、テラス席からは、久慈川まで、歩いていけるようになっており、家族連れの方々が、川辺で水遊びをしている姿を良く見かけます。久慈川の流れは穏やかで、家族で行くにももってこいです。

また、道の駅敷地内には、公園も完備されており、これまた家族で行くにはもってこいです。

また、なんと敷地内にはバーベキュー場まで完備されています。こちらのバーベキュー場も、もちろん久慈川を眺めながら食事を楽しむことが出来ます。

手ぶらで来ても、バーベキューが楽しめるよう、必要な備品はすべて貸し出して頂けますし、また食材も直売所で購入することが出来ます。こちらの、バーベキュー場は完全予約制となっているので、注意が必要ですが、目の前には久慈川が流れ、食材も直売所の新鮮な食材を食べることが出来るので、いつもとは一味違うバーベキューを楽しむことが出来るのではないでしょうか。

車で移動するときの、ちょっとした休憩に利用するだけではなく、家族で行っても楽しめて、景色も綺麗な道の駅です。長崎の車買取業者はこちらをどうぞ

米の美味しさに感動

多古は千葉県の北東部、自然豊かな場所です。

多古と言えば全国的に有名なのが、大和芋です。粘りがとても強く高級料理店でも多古産の大和芋は人気です。

そんな大和芋以外にも周辺でとれた農作物が豊富にしかもとてもお安く販売されているのが「道の駅 多古 あじさい館」です。

中でも知る人ぞ知る多古米はぜひ試して欲しい一品です。お米の甘味が他のお米とは段違いで、これを食べたら他の産地のお米はたべられなくなるくらい美味しいです。

あじさい館では、多数の米農家さんが100%多古米を販売しています。農協やお店を通すと他の産地のお米とブレンドされてしまったりするため、純粋な多古米を手に入れられるのは農家さんが直接品出しをする道の駅ならではです。

またその多古米を使った地域料理の太巻き(直径が10cm以上あり、海苔巻きだけではなく、卵巻きなどもあります)や、地域で有名なパン屋さんのパンなど、とにかくおいしいものがあふれています。お弁当のコーナーに行くといつも買い過ぎてしまいます。

食品以外にもとてもお得なのがお花です。都心の花屋さんでは1000円で買えるお花はほんの数本ですが、あじさい館では1000円あれば片手では持てないくらいの花束が購入出来ます。またこれも直接仕入れしているだけあって、いつまで咲いているんだろうと思うくらいお花が長持ちします。

周辺は小さな川が流れていて、子供を遊ばせたり、季節が良い時期は土手に座って買ったお弁当を食べたりするのもお勧めです。c-hr ハイブリッド 値引き

雄大な富士山のふもと駅なるさわ

富士山は日本一高い山として有名ですが山梨県の富士五湖まで行くと標高も1000メートル近くなり富士山頂もより近く感じることができ、なにより雄大な富士がせまってくるような近距離で見ることができます。

自然の神秘の象徴ともいえる青木ヶ原樹海も近く富士の偉大さと神秘を肌で感じられる場所に道の駅なるさわはあります。駐車場も広々としていて大型バスなども入れるつくりになっています。道の駅にはお決まりのご当地アイスクリームですがここなるさわ駅は富士桜ソフトクリームです。

ほんのりとピンク色をしていて優しい桜の香りがします。富士山のふもとならではの田舎の癒しの味がします。

そばなどの軽食を食べられるコーナーも併設していてそこで出される田舎そばもシンプルながら地元のそばを使っていておいしいです。
地元で取れた高原野菜や山梨の名産も売っています。

決して派手な道の駅ではなくこれといって目立つものがあるわけではありませんが立ち寄ってみる価値はあります。

富士山の湧き水が飲めるコーナーやシンプルで素朴な地元の食などを味わうことができ、そしてなによりも晴れた日にこの駅から見る富士山は一見の価値があります。

派手なもは都会に行けばいくらでもありますが富士山やその豊かな自然の恵み、そして綺麗な水や空気はお金を出せば買えるものではありません。そういうものが道の駅なるさわにはあります。

都心からもアクセスしやすく富士五湖にある道の駅なるさわは穴場スポットです。詳しくはこちらをご覧ください

深川産のお米を使った釜飯屋さん

北海道は道の駅を楽しみに回る人が多いほど、たくさんの利用客がいますね。私がおススメしたい道の駅は北海道深川市にある「道の駅ライスランドふかがわ」です。

札幌から旭川までの都市間を結ぶ大動脈、国道12号線沿いにありコンビニと併設された建物です。2003年にオープンし2014年にリニューアルされ、施設がより便利に使いやすくなりました。

1階は主に地域で採れた農産物の直売所があり、新鮮な野菜をお手ごろな価格で購入することが出来ます。たまにイベント企画で1袋100円の野菜の詰め放題も行っており、玉ねぎやジャガイモなどを実際体験しルンルンしながら買い物できました。お土産コーナーの品揃えも充実しています。

また、農場から直送された新鮮な牛乳を使ったソフトクリームも人気です。他にも地元食材を使ったたこ焼きやサンドイッチ、手作りのおにぎりも人気です。

そして、2階には地元深川産のお米を使った釜飯屋さんがあります。こちらは注文を受けてからおよそ15分ほどで炊き立ての釜飯がいただけます。種類も豊富で海鮮系からお肉を使ったものやお野菜を使ったものなどたくさんあります。

こちらの釜飯はご飯がびっくりするくらい美味しいんです。1合もありますがぺろっと食べてしまいます。私はとり釜飯が大好きです。お昼時は行列が出来、特に行楽シーズンの夏や連休などは1時間待ちもざらではないくらいの人気店ですので、オープンの時間から行くことをおススメします。

こちらの道の駅は連休や祝日にイベントなども開催しています。美味しいお米が食べたくなったら迷わずここに行きましょう。トールの最新値引き金額は詳しくはコチラから

美味しいコロッケとかソフトが食べれるメジャーな道の駅

兵庫県佐周辺に「道の駅宿場町平福」という外観から 江戸時代風な大きな建物が国道沿いにあります。

普通にヒマワリ畑とか向かって走っていても思わず立ち寄りたくなる外観から外観美の凄さと吸引力では 兵庫県ではナンバーワンだと思います。

観光地図とか観光情報、特に平福ってどんな所って観光客は思ってるはずです。それを江戸風なアートで道の駅入り口に大きく地図状で説明してるので丁寧さとユニークさは 流石だと思います。

更に「石焼き芋」とか「コロッケやソフトクリームが本に載ったお店」などもあります。130円の黒豆コロッケがオススメで 大きな丹波黒大豆がぎっしり詰まってます。肉汁がたっぷりと入ったホクホクのコロッケは130円とは思えない凄い満腹感は実に不思議です。

すももソフトクリームと、こんにゃくミックスソフトクリームはどちらもじゃやんなどに載ってます。
万葉牛メンチカツも一つのサイズが大きいわりに150円とリーズナブルです。

この道の駅の二階が実はちょっとした資料館になっていて意外に二階に上がらない人が多い気がしました。なぜか岡山県の宮本武蔵のアートとか岡山の人形もありました。平福の川端風景のアートがでかでかとあるのでお見逃しなくじっくり見て欲しいです。

一階は新鮮野菜市場もあり主婦で賑わってます。さらにお土産は ひまわりせんべいとか丹波黒大豆を使ったお菓子とか饅頭などが置いてあります。観光情報ビデオとか休憩ルームもかなり広い道の駅です。

平福川端風景に行かれる際には是非立ち寄りたい 道の駅です。ヴォクシー未登録車

四季折々の花が美しいオススメな道の駅

岡山県笠岡市にあるベイファーム笠岡は岡山県内の道の駅でも一際光を放つ道の駅だと思います。

その光とは四季折々の花が満開に咲く広場を大きく設けているからです。今の時期は ヒマワリも終わって次のコスモスまで花は見れません。花は見れずとも この道の駅はジェラート工房もあるしタウン情報にも掲載されたレストランもあります。

また道の駅内には笠岡名物カブトガニの模型もあります。
お土産品も多く見て回るだけでも楽しいです。笠岡は海がすぐ近くにあるので そこでとれた新鮮な魚介類も道の駅で売っております。

大きな生簀もあるし港町風な雰囲気もします。ふりかけとかジャムなどのお土産も多数揃えています。
道の駅レストランではお昼はランチバイキングが食べれるのです。家庭的なおかずとかドリンクが豊富に取り揃えてます。

その他笠岡ラーメンが食べれます。さらにhappyという珍しいメニューのジェラートが食べれるお店も隣接してるんで 食の意味でも光を放ってます。

見逃せないのが「菜の花フェスティバル」です。4月の菜の花が満開に咲く ここの道の駅で花の光だけでなく岡山を代表するカリスマ性あるアーティストがライブをする場所でもあるので 笠岡では道の駅がその日すごい光っていると思います。

ポピーにしてもコスモスにしても びっくりするほど広いし高台からの眺めも良いし花と花の遊歩道も歩けるし カメラマンにとっては絶好の撮影スポットでもあります。

場所的には最初は少し苦労しますが看板をたどってくれば 思ったより容易に行けると思います。

三陸旅の分岐点上品の郷

上品の郷と書いて、じょうぼんのさとと読みます。

由来は、近くの山から取った上品山から命名。

道の駅としては、三陸自動車道河北インターチェンジを降りて、国道45号線を気仙沼方向に500mくらい進むと左側にあるアクセス良好な道の駅です。

三陸旅の分岐点として、これから先の旅プランを考えるには良い場所です。

良い場所と言い切ってしまうのには、それなりの理由がある訳で、道の駅なので地元の食べ物がそろってますが、

海のもの、山のもの、地場産品が豊富です。

普通はどちらかに偏ってますが、ここは両方備わってます。

海のものは、当然季節によって変わってきますが、生のさんまが売ってたり、いくらが売っていたり、

そのほか、冷凍ものの切り身や、くじらだったり、海産加工品だったり、季節によって変わるので、立ち寄るのが楽しみです。

また、生の握り寿司もリーズナブルな価格で売ってたりするので、常連の方はここに寄って、買って食べたり、持ち帰ったりしているようです。

山のものとしては、山菜類が多いですね。これも季節によって、ぜんまいだったり、ふきだったりと、季節によって並ぶ顔ぶれが異なります。

その他、野菜もその季節で、種類が変わってくるので、毎回立ち寄ってもあきません。

これしかないのか?と思われるでしょうが、通常の地元のお土産、石巻名物サバだしラーメンや、B1グランプリの石巻やきそば、お菓子、地酒なども販売しています。

隣接するヤマザキデイリーストアも24H営業ではないものの、通常の食品、飲み物、たばこも入手でき、レストランもあるので、地場産品を生かした食事や、まんじゅう、

アイス、串焼き等の軽食も取れます。

ここからが、他の道の駅と異なる特徴、上品の郷には足湯とお風呂があるんです。

温泉保養施設はふたごの湯と呼ばれ、塩分と鉄分が非常に多い泉質なので、お風呂上がりも暖かさが長く持続、効能は、切り傷、やけど、皮膚病、慢性婦人病があります。

なので、週末は駐車場を整理する警備員を置かないとならないくらい、非常に人気のスポットです。

キャンピングカーで出かけてきて、上品の郷でお風呂に入って、ご飯を食べて、明日の旅程を車で練るという人が多いです。

内陸にいくのであれば、三陸自動車道(無料区間:鳴瀬大橋ICから登米東和)河北インターチェンジより登米方面へ北上、

海に行くのであれば、目の前の国道45号線から気仙沼方面へと選択できるので、自由度がかなり高い道の駅です。

注意点は、温泉施設が意外と早く終わるので要注意です。

ふたごの湯 定休日:第4火曜日 営業時間:9:00-21:00(ただし、受付20:30で終了)足湯:夏9:00-19:00、冬9:00-17:00

新鮮な魚介や野菜が豊富な「道の駅むなかた」

私のおすすめの道の駅は福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」です。

玄界灘に近いこともあり、物産直売所には海の幸が沢山揃っています。

鮮魚や水産物は毎朝仕入れが行われ、種類もとにかく豊富。地元の農家が作った新鮮な野菜や果物も沢山揃っています。

他にも手作りの漬物や総菜にお弁当、さらに魚の干物や乾燥した海藻などの水産加工品も沢山売っています。

とにかく幅広い品揃えで、見ているだけでも楽しくなります。店内はいつも大勢のお客さんで賑わっていて、地元の人達だけではなく、観光バスで訪れるツアー客も大勢いるようです。

鮮魚や野菜は大抵午前中のうちに売り切れてしまい、午後に行くと品薄になってしまっています。良いものを確実に手に入れるためには、朝イチで行くのがおすすめです。

道の駅むなかたのもう一つのおすすめポイントは、駅内にあるレストラン「おふくろ食堂はまゆう」です。

こちらでは宗像ならではの漁師料理や農家料理をいただくことができます。

こちらも店内はいつもお客さんでいっぱい。カウンターに並んでいるおかずの中から、自分が食べたいものを選んでトレーに乗せていくスタイルになっています。

メイン料理はやはり魚介が中心で、海鮮丼や鯛茶漬けなど、新鮮なお魚を美味しく味わうことができます。

副菜の小鉢も豊富に揃っていて、優しく素朴な味付けのおかずがいっぱいなんです。

お店の名前通り、まさしく「おふくろ」の味を楽しむことが出来ます。一度行ってみる価値ありのお店です。

買い物に食事に色々と楽しめる「道の駅むなかた」。おすすめのスポットです。

足湯あり濃尾平野が一望!

岐阜県の養老山脈が背景にあり、景色がとてもいい場所です。

この道の駅は濃尾平野が見下ろせる場所にあるので昼はもちろん夜景もとてもきれいでおススメです。

この近くにある温泉施設「水晶の湯」の露天風呂からの眺めは最高です!

山の上にある温泉なので、専用駐車場に止めてシャトルバスで5分弱で移動です。(無料バス)

近くの温泉施設もありますが、この道の駅にも温泉を楽しめる場所があります。

休憩にはちょうどよい、足湯が楽しめ子どもから大人までゆっくりとしゃべりながらつかることができます。

自然豊かな場所で養老山脈の春夏秋冬の景色を楽しむことができます。

また、南濃みかんの産地なので、あちこちにみかん畑があるので収穫前にはあちこちにミカンがたわわになっているのも見られますよ。

付近には羽根谷だんだん公園があり、そこの桜並木を見に春は花見客で賑やかです。

多度大社と養老公園の中間あたりにあるのでその通過地点で休憩を楽しむにはとても良い場所です。

自然豊かな場所ではありますが、交通の便が良い場所にあるので利用客や口コミ、リピーターが週末や行楽シーズンには多い場所です。

その分、駐車場も広く女性ドライバーや年配の方でも余裕をもって停めやすくなっています。

トイレもきれいで小さな子どもから女性も安心して利用できますよ。

岐阜県ならではの山の幸やお土産もありますが、中でも南濃みかんの名産ということで

みかんラーメンは是非食べてみてください。

ソフトクリームももちろんありますよ!