三陸旅の分岐点上品の郷

上品の郷と書いて、じょうぼんのさとと読みます。

由来は、近くの山から取った上品山から命名。

道の駅としては、三陸自動車道河北インターチェンジを降りて、国道45号線を気仙沼方向に500mくらい進むと左側にあるアクセス良好な道の駅です。

三陸旅の分岐点として、これから先の旅プランを考えるには良い場所です。

良い場所と言い切ってしまうのには、それなりの理由がある訳で、道の駅なので地元の食べ物がそろってますが、

海のもの、山のもの、地場産品が豊富です。

普通はどちらかに偏ってますが、ここは両方備わってます。

海のものは、当然季節によって変わってきますが、生のさんまが売ってたり、いくらが売っていたり、

そのほか、冷凍ものの切り身や、くじらだったり、海産加工品だったり、季節によって変わるので、立ち寄るのが楽しみです。

また、生の握り寿司もリーズナブルな価格で売ってたりするので、常連の方はここに寄って、買って食べたり、持ち帰ったりしているようです。

山のものとしては、山菜類が多いですね。これも季節によって、ぜんまいだったり、ふきだったりと、季節によって並ぶ顔ぶれが異なります。

その他、野菜もその季節で、種類が変わってくるので、毎回立ち寄ってもあきません。

これしかないのか?と思われるでしょうが、通常の地元のお土産、石巻名物サバだしラーメンや、B1グランプリの石巻やきそば、お菓子、地酒なども販売しています。

隣接するヤマザキデイリーストアも24H営業ではないものの、通常の食品、飲み物、たばこも入手でき、レストランもあるので、地場産品を生かした食事や、まんじゅう、

アイス、串焼き等の軽食も取れます。

ここからが、他の道の駅と異なる特徴、上品の郷には足湯とお風呂があるんです。

温泉保養施設はふたごの湯と呼ばれ、塩分と鉄分が非常に多い泉質なので、お風呂上がりも暖かさが長く持続、効能は、切り傷、やけど、皮膚病、慢性婦人病があります。

なので、週末は駐車場を整理する警備員を置かないとならないくらい、非常に人気のスポットです。

キャンピングカーで出かけてきて、上品の郷でお風呂に入って、ご飯を食べて、明日の旅程を車で練るという人が多いです。

内陸にいくのであれば、三陸自動車道(無料区間:鳴瀬大橋ICから登米東和)河北インターチェンジより登米方面へ北上、

海に行くのであれば、目の前の国道45号線から気仙沼方面へと選択できるので、自由度がかなり高い道の駅です。

注意点は、温泉施設が意外と早く終わるので要注意です。

ふたごの湯 定休日:第4火曜日 営業時間:9:00-21:00(ただし、受付20:30で終了)足湯:夏9:00-19:00、冬9:00-17:00

新鮮な魚介や野菜が豊富な「道の駅むなかた」

私のおすすめの道の駅は福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」です。

玄界灘に近いこともあり、物産直売所には海の幸が沢山揃っています。

鮮魚や水産物は毎朝仕入れが行われ、種類もとにかく豊富。地元の農家が作った新鮮な野菜や果物も沢山揃っています。

他にも手作りの漬物や総菜にお弁当、さらに魚の干物や乾燥した海藻などの水産加工品も沢山売っています。

とにかく幅広い品揃えで、見ているだけでも楽しくなります。店内はいつも大勢のお客さんで賑わっていて、地元の人達だけではなく、観光バスで訪れるツアー客も大勢いるようです。

鮮魚や野菜は大抵午前中のうちに売り切れてしまい、午後に行くと品薄になってしまっています。良いものを確実に手に入れるためには、朝イチで行くのがおすすめです。

道の駅むなかたのもう一つのおすすめポイントは、駅内にあるレストラン「おふくろ食堂はまゆう」です。

こちらでは宗像ならではの漁師料理や農家料理をいただくことができます。

こちらも店内はいつもお客さんでいっぱい。カウンターに並んでいるおかずの中から、自分が食べたいものを選んでトレーに乗せていくスタイルになっています。

メイン料理はやはり魚介が中心で、海鮮丼や鯛茶漬けなど、新鮮なお魚を美味しく味わうことができます。

副菜の小鉢も豊富に揃っていて、優しく素朴な味付けのおかずがいっぱいなんです。

お店の名前通り、まさしく「おふくろ」の味を楽しむことが出来ます。一度行ってみる価値ありのお店です。

買い物に食事に色々と楽しめる「道の駅むなかた」。おすすめのスポットです。

足湯あり濃尾平野が一望!

岐阜県の養老山脈が背景にあり、景色がとてもいい場所です。

この道の駅は濃尾平野が見下ろせる場所にあるので昼はもちろん夜景もとてもきれいでおススメです。

この近くにある温泉施設「水晶の湯」の露天風呂からの眺めは最高です!

山の上にある温泉なので、専用駐車場に止めてシャトルバスで5分弱で移動です。(無料バス)

近くの温泉施設もありますが、この道の駅にも温泉を楽しめる場所があります。

休憩にはちょうどよい、足湯が楽しめ子どもから大人までゆっくりとしゃべりながらつかることができます。

自然豊かな場所で養老山脈の春夏秋冬の景色を楽しむことができます。

また、南濃みかんの産地なので、あちこちにみかん畑があるので収穫前にはあちこちにミカンがたわわになっているのも見られますよ。

付近には羽根谷だんだん公園があり、そこの桜並木を見に春は花見客で賑やかです。

多度大社と養老公園の中間あたりにあるのでその通過地点で休憩を楽しむにはとても良い場所です。

自然豊かな場所ではありますが、交通の便が良い場所にあるので利用客や口コミ、リピーターが週末や行楽シーズンには多い場所です。

その分、駐車場も広く女性ドライバーや年配の方でも余裕をもって停めやすくなっています。

トイレもきれいで小さな子どもから女性も安心して利用できますよ。

岐阜県ならではの山の幸やお土産もありますが、中でも南濃みかんの名産ということで

みかんラーメンは是非食べてみてください。

ソフトクリームももちろんありますよ!

手作りアイスが美味しい!チェリーランドさがえ

山形県はくだものの名産地です。

春から秋にかけて様々なくだものを楽しむことができます。

その中でもさくらんぼが全国的に有名です。

そして寒河江市はさくらんぼの出荷数が全国1位なのです。

見晴らしのいい場所にあるのでわかりやすいと思います。

建物は横に長いので全部散策するなら真ん中あたりに停めるといいでしょう。

駐車場は広く大型バスやトラックなども停められます。旬の時期や連休になると大変混雑します。

お土産はさくらんぼやだだちゃ豆を中心としたお菓子や有名キャラクターとコラボしたキーホルダー、地元で取れた山菜や漬物なども売っています。天童名物の将棋の駒などの民芸品も置いてあります。試食もあり、とても広いです。

また筆者がおすすめしたいのは手作りのアイスです。

さくらんぼ味やラフランス味、地元米のアイスもあります。

食材自体の甘みを活かしたさっぱりしたアイスです。1つのコーンに2つのアイスを乗せてくれます。

地元のテレビタレントのサインがたくさん置いてあります。

展示物としてはトルコ館も楽しいです。

ガラスや織物、アクセサリーといった工芸品が置かれており、山形にいながらトルコの雰囲気を味わうことができます。

二階にはトルコ料理店もあります。

トルコアイスのパフォーマンスは必見です。

また裏には河原もあり、広い芝生とバーベキューができるスペースがあります。

季節によっては鮎釣りをしている方もいます。

浅いので暑い日はサンダルで水に入ると冷たくて気持ちがいいですよ。

道の駅 ようか但馬蔵の野菜蔵

バスツアーに参加した時、兵庫県は養父市を通りました。

そこにあった道の駅がようか但馬蔵です。規模としては普通の大きさだと思うのですが、新鮮な地元野菜を扱う「野菜蔵」というコーナーがあり、これがとても興味深いものでした。

何と言っても目を引いたのは新鮮・大きい・キレイな白色のにんにく。

1個のボリュームが凄く、一粒一粒も丸々としていて、「にんにくの丸焼き」なんて普段は匂いがちょっと、と思い遠慮してしまいますが、これは見た瞬間、絶対丸焼き!と思うような美しいにんにくでした。

お食事処もあり、こちらでは地元のブランド牛「但馬牛」を使った美味しいお料理が頂けます。ちょっと素朴な見た目と盛りつけ、でも食べてみるとしっかりとした味付けで、名物らしき「季節のおこわ」と共に美味しく頂きました。

なかなか通らないところにある道の駅だとは思いますが、私は鳥取砂丘へ向かう途中に立ち寄りました。お近くにお越しの際は是非ご覧になってください。

余談ですが、道の駅にもあちこちに表示されている、こちら養父市のキャラがとても可愛かったです。

全天候型なんでもできる道の駅

新潟市にある道の駅、にいがたふるさと村は我が家にとって、なくてはならない存在です。

道の駅というより、アミューズメントパークと言った方が良いかもしれません。

いくつかの建物からなる道の駅で、

お土産を購入したり、地元のグルメが堪能できるレストランからなる食品ブース。

ミニ映画館や、人工降雪機のある社会科見学可能ブース。

季節やイベントによって変わるワークショップブース。

外に出ると、昔ながら民家の展示や、餌やりができる鯉の池、季節ごとに変わるフラワー庭園があります。

また、水の都新潟の信濃川クルーズの駅にもなっています。

そんな中、我が家一番利用するのが、室内にあるアスレチックです。

小さい子供から、それを見守る大人まで楽しめる遊具です。

雨が降っていても、遊べ、また天井が見晴らしの良いドーム型になっているため、

気分も良く遊べます。

先日、遠方から友人が遊びに来ました。

どこへ行こうか?悩みましたが、こちらの道の駅をおすすめしました。

新潟市内から信濃川クルーズの船に乗り出発し、終点のふるさと村(道の駅)まで行きます。

お昼はそこで、新潟のB級グルメを食べ、お土産も調達します。

天気が良かったので、ぐるりと施設を回りのんびりとしました。

その後、帰りのウォータシャトルの出発時刻まで室内アスレチックをしながら時間調整をしました。

小学生と幼稚園の子供二人とパパとママ。

みんな、とても喜んでくれ、また、新潟のアピールも上手に出来たと思います。

子供連れにはぜひおすすめの道の駅です。