新鮮な魚介や野菜が豊富な「道の駅むなかた」

私のおすすめの道の駅は福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」です。

玄界灘に近いこともあり、物産直売所には海の幸が沢山揃っています。

鮮魚や水産物は毎朝仕入れが行われ、種類もとにかく豊富。地元の農家が作った新鮮な野菜や果物も沢山揃っています。

他にも手作りの漬物や総菜にお弁当、さらに魚の干物や乾燥した海藻などの水産加工品も沢山売っています。

とにかく幅広い品揃えで、見ているだけでも楽しくなります。店内はいつも大勢のお客さんで賑わっていて、地元の人達だけではなく、観光バスで訪れるツアー客も大勢いるようです。

鮮魚や野菜は大抵午前中のうちに売り切れてしまい、午後に行くと品薄になってしまっています。良いものを確実に手に入れるためには、朝イチで行くのがおすすめです。

道の駅むなかたのもう一つのおすすめポイントは、駅内にあるレストラン「おふくろ食堂はまゆう」です。

こちらでは宗像ならではの漁師料理や農家料理をいただくことができます。

こちらも店内はいつもお客さんでいっぱい。カウンターに並んでいるおかずの中から、自分が食べたいものを選んでトレーに乗せていくスタイルになっています。

メイン料理はやはり魚介が中心で、海鮮丼や鯛茶漬けなど、新鮮なお魚を美味しく味わうことができます。

副菜の小鉢も豊富に揃っていて、優しく素朴な味付けのおかずがいっぱいなんです。

お店の名前通り、まさしく「おふくろ」の味を楽しむことが出来ます。一度行ってみる価値ありのお店です。

買い物に食事に色々と楽しめる「道の駅むなかた」。おすすめのスポットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です